株式会社コムフィー

  • 営業時間:9:30~19:00 TEL:03-6915-1580
  • お問い合わせ

荻窪探検

【荻窪探索】vol.8あんさんぶる荻窪

 「あんさんぶる荻窪」は、杉並福祉事務所、荻窪北児童館、消費者センター、すぎなみ環境情報館、杉並区社会福祉協議会、杉並区成年後見センター、荻窪南第二自転車駐車場を併設した複合施設です。

JR中央線荻窪駅の近くという、交通の便が良い場所にある本施設は、開放的で親しみやすい空間を提供し、区民の皆様の様々なニーズに応えます。会議室等は目的外利用が可能となっており、地域のつながりや交流の場として利用していただけます。

施設内の段差をなくし、音声誘導装置や「だれでもトイレ」を設置して、どなたにも使いやすい施設となっています。

また、周辺環境との調和、自然との共生を目指し、太陽光や雨水の利用など自然エネルギーを積極的に活用しています。

利用者・地域・環境のすべてにやさしい「あんさんぶる荻窪」をどうぞご利用下さい。

 アンサンブル荻窪

 

詳細情報
■「あんさんぶる荻窪」の特色
○車いすでの移動に十分配慮するとともに、高齢者から乳幼児連れの方まで利用できる「だれでもトイレ」を設置しています。
○会議室などの利用が可能です。
○屋上に季節の草花を植えた庭園を設け、太陽光や雨水の利用など、自然のエネルギーを積極的に活用します。
【交通】
○JR:荻窪駅西口下車(南側)徒歩3分
○地下鉄:丸の内線荻窪駅西口下車徒歩3分
○バス:荻窪駅下車南口徒歩4分

階数 施設名

  利用時間など
6階 屋上庭園・スロープ 【開放時間】午前8時30分から午後5時
【休園日】海の日、年末年始
5階 (1)杉並区社会福祉協議会
電話03-5347-1010

(2)杉並区成年後見センター
電話03-5397-1551

(3)杉並ボランティア・地域福祉推進センター
電話03-5347-3939

(1)杉並区社会福祉協議会
【受付時間】午前8時30分から午後5時
【休業日】日曜日、祝日、年末年始

(2)杉並区成年後見センター
【受付時間】午前8時30分から午後5時
【休業日】土曜日、日曜日、祝日、年末年始

(3)杉並ボランティア・地域福祉推進センター
【受付時間】午前8時30分~午後5時
【休館日】日曜日、祝日、年末年始

4階 (1)
環境都市推進課
電話03-3398-3195

(2)すぎなみ環境情報館
電話03-3398-3191

(1)環境都市推進課すぎなみ環境情報館
【受付時間】午前8時30分から午後5時
【休業日】土曜日、日曜日、祝日、年末年始

(2)すぎなみ環境情報館
【受付時間】午前8時30分から午後10時
【休館日】海の日、年末年始

3階 (1)区民生活部管理課消費生活係、相談担当係
電話03-3398-3141

(2)消費者センター
電話03-3398-3141

相談電話03-3398-3121

(1)区民生活部管理課 消費生活係、相談担当係
【受付時間】午前8時30分から午後5時
【休業日】土曜日、日曜日、祝日、年末年始

(2)消費者センター
■事務室
【受付時間】午前8時30分から午後5時
【休業日】土曜日、日曜日、祝日、年末年始
■情報資料コーナー
【開設時間】午前8時30分から午後10時
【休業日】海の日、年末年始

2階 荻窪北児童館
電話03-3398-0081
【利用時間】午前10時から午後6時
※土曜日、日曜日は午前9時から午後5時。
※月曜日(第2月曜を除く)はサンカード団体の利用に限ります。
【休館日】第2月曜日、祝日(子どもの日を除く)、年末年始
1階 杉並福祉事務所
荻窪事務所
電話03-3398-9104
【受付時間】午前8時30分から午後5時
【休業日】土曜日、日曜日、祝日、年末年始
地下
1階
荻窪南第二自転車駐車場
電話03-3391-2663
【利用時間】午前4時15分から翌午前1時30分(年中無休)
地下
2階
駐車場
※駐車場は身体の不自由な方などに限ります。

 

アンサンブル荻窪のHP

 

【荻窪探索】vol.7大田黒公園

先日久しぶりに大田黒公園を散策しました。 杉並区内で唯一の日本庭園の趣向をこらした公園です。東京にいることを忘れてしまう位の雰囲気と木々にかこまれた庭園です。 由来等については最後尾にリンクを貼りました。 しかもこの日はちょうど紅葉がピークでとてもきれいでした。ギャラリーも多く、たくさんの人たちが写真を撮っていました。

マイナスイオンでいっぱいの超癒しスポットです。荻窪に訪れた際は、是非立ち寄って見てはいかがでしょうか?

門

 

P1030776

イチョウ並木のアプローチ

P1030779

P1030780

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

【荻窪探索】vol.6東京衛生病院

今年建て替えられ、きれいで広々としました。 カトリック系の病院で、教会が隣接しています。又ホスピス病棟もあり

設備・施設はかなり充実しています。コムフィー社員も多々お世話になっています。非常に落ち着いた雰囲気です。

又、JR中央線・丸ノ内線「荻窪」駅徒歩7分程でアクセスできる利便性もひかります。

外観と教会の写真です。

 

衛生病院外観    天沼教会

東京衛生病院のホームページはこちらをクリック

 

【荻窪探索】vol.5荻窪銀座街

荻窪駅北口ロータリー横に広がる「荻窪銀座街」は、「荻窪駅前商店会」と「北口駅前通り商店会」と一緒に、線路と青梅街道の間の3角地帯に広がっています。 荻窪を代表するラーメン屋さんが、軒を連ねていた商店街です。私達の会社㈱コムフィーもすぐ近く。 昔からのラーメン屋さんは「春木屋」さんだけになってしまいました。実は、この商店街もまた、脇みちが夜になるとすごいんです。戦後の区画のなごりなんでしょうかねぇ?。北口の再開発計画があるようですが、始まる様子はありません。

サム1   

 ココから信号を渡って、八幡通りに入ると㈱コムフィーが・・・

何故か、銀座街のいたる所に井戸が残っていて、実際に今でも使用されていました。                                                                   

 サム3   サム2

 銀座街には50年以上もつづく、飲食店などの老舗が目白押し。

銀座商店街←遊びに来てねー」

 

【荻窪探索】vol.4荻窪の歴史

 

 荻窪駅は『中央線』・『丸ノ内線』・『東西線』・『総武線』と何処に出るにもべんり、便利ー!中央線一の便利な街ではないでしょうか。 閑静な街並みも人気の秘訣。

 ogikubo-2-1

荻窪という名前の由来は、荻(おぎ)の生い茂る窪地であった事に由来します。文明9年(1477年)、豊島氏が太田道灌に滅ぼされるまで
豊島氏の領地でした。その後は上杉氏、北条氏、徳川氏と変わって行きました。
江戸時代、荻窪は西側が上荻窪村、東側が下荻窪村、幕府直轄の領地となります。明治時代になると、人口は甲州街道と青梅街道沿いに集中します。そして、明治24年(1891年12月21日)荻窪駅は開業しました。当時の荻窪駅は原野と林と畑が続き、畑の中の人家はまばらで街灯も少なく淋しい所でした。大正12年の関東大震災の後、下町の住宅の多くが壊滅し多くの住民が中央線沿線に移り住むようになりました。与謝野寛・晶子夫妻も荻窪に土地を買い、家を建て、昭和2年に移り住みました。作家井伏鱒二によると戦前から作家、画家が荻窪に多く住んでいたそうです。井伏鱒二は現在の教会通りを少し行ったあたりに住んでいたようです。この頃の荻窪は東京近郊の別荘地として西の鎌倉、東の荻窪と称され、以来閑静な住宅地になっています。また戦後は北口に闇市が出来、駅前にラーメン屋が立ち並び、後に東京で有数のラーメン(荻窪ラーメン)激戦地として知られるようになりました。また地域としてクラシック音楽を支援して、様々なコンサートが行われている。最近ではカレーショップが増え始めている。現在の荻窪駅はJR東日本と東京地下鉄合わせて一日1平均155,496人。

荻窪駅→ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E7%AA%AA%E9%A7%85

【荻窪探索】vol.3杉並中央図書館

緑豊かな荻窪3丁目の住宅街にある落ち着いた癒しの空間です。私は『宅建試験』の勉強にご愛用させて頂きました。笑

10075752167 2

 区政50周年記念施設として、建設された図書館です。杉並区の他の地域図書館を結ぶ要としての機能を備えています。阿佐ヶ谷と荻窪の間に広がる閑静な住宅街の中にある「杉並区立中央図書館」は、蔵書数約55万冊を誇る都内でも屈指の規模を誇る図書館である。こちらでは書籍のほかCD・ビデオなどを貸し出している。また映画会やお話し会などの文化的なイベントも多数開催されている。

 明治大学をはじめ区内の大学図書館も相互利用可能であり、学術的な書籍・資料にも気軽に触れることが可能だ。

 杉並区立図書館では「阿佐ヶ谷文士村」と呼ばれたこの地の歴史を偲び、井伏鱒二・太宰治・伊藤整など文士村メンバーが残した資料を収集・保存している。また彼らの作品も数多く所蔵している点が特徴的だ。

杉並区立中央図書館
所在地:東京都杉並区荻窪3-40-23
電話番号:03-3391-5754
開館時間:平日・土曜 9:00~20:00、日・祝 9:00~17:00
休館日:第1・3木曜日・年末年始
 

【荻窪探索】vol.2天沼八幡神社

夏の終わりには神社からお神輿が出ます。コムフィーからは、社長と田岡クンが参加して、駅前や青梅街道、住宅街を練り歩きました。

P1020808 八幡神社1

天沼の鎮守として四百有余年

 八幡神社の由緒の掲示板が正面入口の右側に設置されております。「新編式蔵風土記」によれば、創建が天正年間ということになっており、今から約400年前のこととなります。

 八幡社は、古くから源氏の氏神として尊敬をあつめ、杉並区内にも八幡社が多く、中には由緒深い神社もあります。当神社が天正年間の創建となりますと、家康が江戸に入城してから、この辺りもやっと開拓の緒についたものと考えられます。そして、この地の農民は自分達の団結と作物の豊作を祈念するための氏神の奉斉を考え、徳川家が源氏の出 (諸説あり)ということから、鎌倉の鶴岡八幡宮の御神体を勤請して神社を創建したものでしょう。

 この天沼地帯は徳川家の氏神である赤坂日枝神社の社領として社寺奉行の支配下にあったと思われます。

天沼八幡神社

【荻窪探索】vol.1天沼弁天公園

からも近く、人も疎らで落ち着く公園。昼寝にはもってコイの憩いの場所です。 もちろん、仕事中はたまにしか行かないですよ、、 

弁天池公園   弁天池公園2

■公園の名称・規模【名称】天沼弁天池公園(あまぬまべんてんいけこうえん)【所在地】天沼3丁目23番1号【開園年月日】平成19年4月7日【面積】5,295.66平方メートル【その他】便所有り、流れ有り ※園内に「郷土博物館分館」があります  

■公園の概要 ○園名の由来かつて、この公園の南側広場あたりにはこんこんと水の湧き出る“天沼弁天池”と呼ばれる池がありました。池は、広さ約300坪(直径35m程度)の円形で、約5坪(直径4~5m)の中ノ島には弁天様が祀られていて、大正の半ば頃までは、日照りが続くと大勢の農民が集まって弁天様へ雨乞いの行事も行なわれていました。この池は、桃園川の水源のひとつでもあり、天沼の地名の起こりになったともいわれています。こうした由緒ある土地の由来を将来に伝承するために“天沼弁天池公園”と名づけました。○郷土博物館分館この館では身近で親しまれる博物館をめざし、新しい博物館活動を展開します。○防災機能この公園は、災害時の一時的な避難場所となるように夜間も開放します。地域の防災機能を担う場として、園内に災害備蓄倉庫・軽可搬(消火用)ポンプ格納庫・地下貯水槽(10t×2基)・井戸を設けてあります。

 

 

 

Page 7 of 7« First...«34567

ページの先頭へ戻る